考慮すべき3つのトレードオフ-Semaltエキスパートアドバイス



ブランドの構築は、マーケティング戦略とビジネスの成功を開発する際に考慮すべき重要なツールと見なすことができます。すべてのブランドは独自のものであり、既存のブランドから収集したデータに依存していますが、独自のブランドを作成するには、各ブランドを独自の要素としてアプローチする必要があります。ブランドはビジネスのアイデンティティであるため、誰もレプリカになりたくありません。ビジネスとしてのあなたの目的は、顧客のニーズに独自に応えることです。つまり、成功するにはブランドがユニークである必要があります。

ブランドのSEO戦略を開発する際に考慮する必要がある3つの主要なトレードオフ戦略を次に示します。多くの場合、SEO戦略が増えるということは、注意と集中を複数の戦略に分割することを意味します。これは、有益な場合と不利な場合があります。この知識は、真ん中の道を選ぶことも最良のブランド選択ではないかもしれないことを私たちが理解するのを助けました。

それを念頭に置いて、 セマルト ブランドはすべての卵をバスケットに入れるべきではないと考えていますが、いくつかのブランド戦略を持っているほど薄く広げてはいけません。それでは、ブランドの最適化に関する意思決定を行う際に考慮すべき3つの主要な戦略的SEOトレードオフについて説明しましょう。

1.トラフィックと関連性

もちろん、SEO戦略では関連性が重要であることをご存知でしょう。関連性のない計画には欠陥があります。関連性がなければ、ユーザーのトラフィックはあなたの製品に興味を持たず、それは無駄な努力につながります。しかし、そうでない場合はどうでしょうか。多くのウェブサイトの所有者は、目の中よりも考慮すべきことがたくさんあることを理解していません。しかし、どちらがより重要であるか、トラフィックまたは関連性。これは、多くのWebサイトが焦点を失い、間違った方向に向かう場所です。はい、トラフィックは重要ですが、クリックしてすぐに離れるだけの訪問者のトラフィックが最も多い場合、メリットがないことに気付きます。あなたの主な目的はあなたがあなたのウェブサイトに置くコンテンツの関連性であるべきです。関連するコンテンツをまだ取得していないときに、トラフィックを追いかけ続けるべきではありません。そうする場合、あなたはトラフィックを得るかもしれませんが、あなたが彼らが探しているものではないので、彼らはすぐにあなたのウェブページの負荷を残します。

トラフィックが多く、関連性が低いアプローチの長所

トラフィックの多いアプローチのデメリット

関連性の高いコンテンツの長所

関連性の高いアプローチのデメリット

2.消費者VSインフルエンサー

あなたのターゲットオーディエンスはあなたの製品を購入する可能性が最も高い人々で構成されるべきであると信じることは一般的です。ただし、ブランドと消費者を結び付けるインフルエンサーの助けも必要です。これらのインフルエンサーは、製品に関する情報をより多くのユーザーに広めるのに役立ちます。それはそれらを考慮すべき重要な要素にします。

消費者やインフルエンサーの質問と密接に関連しているので、あなたのウェブサイトが業界や一連の興味に合うようにターゲットにされるべきかどうかを検討する必要があります。 B2Bビジネスとして、消費者の関心はあなたのビジネスに適用されますが、インフルエンサーはあなたの業界のリーダーである人々です。これらのインフルエンサーは、あなたの会社のメンバーであるだけでなく、あなたの競争のメンバーでもあります。
ウェブサイトの所有者として、あなたは今、あなたの顧客とあなたのインフルエンサーの間で誰の利益に従うかを選ぶことの間で引き裂かれています。

インフルエンサーの長所、業界をターゲットにしたアプローチ
インフルエンサー中​​心のコンテンツの短所
消費者中心のコンテンツの長所
消費者アプローチの短所

3.トレンドVSエバーグリーン

ウェブサイトは、人々の欲求にアピールするためにトレンドのコンテンツトピックに行くか、時の試練に耐えることができるコンテンツに行くかを決めるのが難しいと感じています。一方のタイプのコンテンツに投資する場合、もう一方のタイプへの投資は少なくなる傾向があります。それで、あなたは何をすべきですか?

トレンドコンテンツトピックの長所
常緑樹のトピックの長所
常緑樹コンテンツの短所
すべてのブランドが同じではないため、考慮すべきトレードオフを選択して、完璧なSEO戦略を実現するためのオプションを評価する必要があります。

mass gmail